小学校受験で親が心得ることとは

小学校受験を考えている子にとって、両親からの適切なサポートは欠かせないものです。一生懸命に勉強している子供を体調面と精神面で気遣うことはもちろん、親子面接に向けて準備が必要な場合も多いでしょう。面接では保護者の人柄や家庭環境も評価されていますから、合否が親の言動によって変わってしまうこともあるかもしれません。しかし、ほとんどの親は受験のプロではないのが現実です。受験生である子供との接し方や親自身の心構えについて戸惑うのも、無理はありません。不安を抱えているのはどの受験生の親も同じですから、必要以上に恐れることなく、子供の前では堂々と構えましょう。親が子供のためにしてあげられることを早い段階で心得ておけば、親子で安定した受験期を過ごせるでしょう。

小学校受験を控えた子供をサポートするには

小学校受験においてまず親がしなければならないことは、学校の情報収集です。最終的に志望校を決めるのは子供本人ですが、まだ幼い子が十分な情報を集めるのは難しいでしょう。親が用意した情報をもとに、子供と話し合って決定することが大切です。志望校決定後も勉強方法や試験の出題傾向に関する情報を迅速にキャッチできるよう、常にアンテナを張る努力をしましょう。また、子供にたくさん受験勉強させたい気持ちは分かりますが、親が焦ってはいけません。小学校受験では、子供の人間的な豊かさが学力と同じくらい、場合によっては学力よりも重視されます。勉強で躓いた時は頭ごなしに叱らず、スポーツや旅行などの様々な経験、何気ない家族間での会話を大事にするのも親の役目です。色々な体験をして家族仲良く過ごすことは、子供を活発でのびのびとした性格にしてくれます。

面接に向けて親が心がけることとは

小学校受験では、保護者への面接や親子面接が課される場合が少なくありません。親を見て合否を決める学校もあるとの噂が存在するほど、この時の親の態度は重要です。ふさわしい服装や予想される質問の答えを前もって用意しておくことは当然ですが、何より大事なのは、子供とよく打ち合わせを行っておくことです。親だけが立派な志望動機を答えたり、模範的な育児をしてきたことをアピールするのは逆効果になってしまいます。事前に用意した答えを子供と確認して回答に相違がないように気を付けるのはもちろん、普段の生活でどれだけ積極的に子供とのコミュニケーションを取れるかが鍵となります。子供のことを少しでも多く知り、一緒に色々なことを経験し、良好な家族関係をアピールできるようにしておきましょう。また、受け答えの内容に気を取られすぎて歩き方やドアの開閉の仕方といった面接の基礎事項でミスをしないために、基本的なマナーも親子で習慣化することがベストです。

願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 小学校受験サポート体制はバッチリです